2018.02.04骨密度

先日、患者さんから「骨密度って何!?」という質問がありました。今日は簡単に骨密度について書きます。

骨密度とはカルシウムやマグネシウムなどのミネラルが骨にどのくらい含まれているかという指標です。骨密度は20代でピークとなり徐々に減少していきます。女性の場合は更年期後に急速に減少します。骨密度が減少すると骨が脆くなり骨折しやすくなるばかりか日常生活が困難になってしまう場合もあります。

骨密度の測定方法はいくつもありますがどれもYAM(20~44歳の平均値)からどれだけ減少しているかが判断基準となります。

YAMの80%以上→正常

YAMの70%以上80%未満→骨量減少

YAMの70%未満→骨粗鬆症

となります。骨密度減少の予防としてはカルシウムやビタミンDの摂取、日光浴、そして適度な運動が大切です。

いずみ接骨院の全院に導入されている振動マシンのマモリスは骨密度を維持する効果も期待できますので通院中で興味のある方はスタッフにお声掛けください。

 




コメント入力欄

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

CONTACT US
ご予約・各種お問合わせはお気軽にどうぞ。

いずみ接骨院電話番号 いずみ接骨院本院0493-73-2328

メールでのお問合せはこちら

page topPAGE TOP