2020.06.23熱中症

熱中症を大きく分けると

熱失神
熱痙攣
熱疲労
熱射病

に分けられます。
下にいくほど重症となります。

熱中症は誰でも起こる可能性があり、対応を間違えば誰でも重症となる
可能性があります。
しかし、リスクをしっかり理解した上であればほとんどの熱中症は
予防することができます。

簡単なものでは

知っていれば防げる事を知る。
暑いときの無理な運動は事故のもと。
急な暑さは注意。
失った水分と塩分を取り戻す。
体重で知れる健康と汗の量。
薄着ルックで爽やかに。
体調不良は事故のもと
慌てずにされど急ぐ救急処置。

があります。




コメント入力欄

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

CONTACT US
ご予約・各種お問合わせはお気軽にどうぞ。

いずみ接骨院電話番号 いずみ接骨院本院0493-73-2328

メールでのお問合せはこちら

page topPAGE TOP