2018.03.11有酸素・無酸素

某ウォーキング法実践中の患者さんから「ダイエットには有酸素運動がいいんでしょ!?」という質問がありました。

結論から言いますと有酸素・無酸素運動の両方が必要です。

 

有酸素運動は継続的に筋肉に負荷をかけ、エネルギー源として体内に蓄えられている体脂肪を燃焼させます。このとき、燃焼材料として酸素を使うので有酸素運動と言います。代表的なものにはウォーキング・エアロバイク・水泳などがあります。有酸素運動のポイントは20分以上続けることです。20分以上の運動でようやく内臓脂肪・皮下脂肪が使われ始めます。

一方、無酸素運動は筋トレ・短距離走などが挙げられ、筋肉に貯めておいたグリコーゲン(糖質)を主につかう瞬間的な運動です。無酸素運動は基礎代謝量を高めることができるので太りにくい体質になると言えます。

 

以上のようなことからダイエットには有酸素運動だけでなく無酸素運動も重要になってくるのです。この両方を取り入れ自分に合ったもので無理なく続けられる運動を選びましょう!

 




CONTACT US
ご予約・各種お問合わせはお気軽にどうぞ。

いずみ接骨院電話番号 いずみ接骨院本院0493-73-2328

メールでのお問合せはこちら

page topPAGE TOP